テレパルFTVが送るテレビの可能性

TVの可能性

ニュースやバラエティ、またはドキュメンタリーといった娯楽を見て聞いて、楽しむことが出来るメディアにTVがあります。TVの目的とは情報を発信することです。その情報について視聴者は興味を持ち、または感情に影響を与えたりと娯楽として大変大きな役割を担っています。

現代では、テレビの役目というのが、インターネットに変化しようとしていますが、テレパルFでは、そんなテレビとインターネット、そしてこれらの情報発信メディアについて考えていくのが、このテレパルFの目的になります

テレビはいつも点けた状態で生活しているという人もいれば、家にいてもテレビをまったく使わないといった人も居ます。これは一般の家庭でもインターネット環境が整い、一家に一台はパソコンがあることがあたりまえになってきたからです。

このインターネットとパソコンの普及で思い出すのは、テレビが登場した当時の日本です。
テレビの前で家族や近所の人が集まり、固唾を飲んでテレビ画面を見ていた時代。ちょうどその当時のテレビの普及速度に迫る勢いでインターネットは普及しています。

また、インターネットだけが急激に成長を遂げたわけではありません。
テレビでも2011年に地上アナログ放送が終了し、地上デジタル放送に変更になりました。これによって何が起こるかというと、よりデータ量の多い電波を発信することが出来るという点と、インターネットを使った視聴者がテレビに直ぐ反映することが出来る影響力を持つことができました。

テレパルFTVでは、今後のテレビのメディアとしての成長、または他のメディア触媒、またはマルチメディアサービスといったものとの関係についてを詳しく紹介したいこうと思います。