テレビが最新情報を閲覧するための情報ツールとしての役目

情報ツールとしてのテレビ

テレビから沢山の情報を取り入れることは出来ますが、最新の貴重な情報もテレビからは取り入れることが出来ます。

緊急地震速報や各気象警報などの災害についての速報から、速報として流れるニュースなどをテレビでは見ることが出来ます。
これらの情報が、テレビから流れるということは、それだけ家庭への普及している数が多く、携帯電話やインターネットといった別の情報ツールにも負けないだけの情報ツールとして役立つからです。

普及率と情報量を見てみると、2011年に地上アナログ放送が終了して、地上デジタル放送が始まりました。これによって何が起こったかといえば、娯楽の部分で言えば、デジタルハイビジョン映像から高品質な音響をテレビで楽しむことが可能となったことがまずあがりますが、もっとも重要なことは、地上デジタル放送に切り替わったことで、視聴者が従来受け取っていた情報量よりも、多い情報を発信することが出来るという点です。

しかし、地上デジタル放送になったことでの不具合も発生しているようで、緊急災害速報などの警報が、従来のアナログ放送よりも2秒ほど遅れて視聴者に届けられるといったことがわかってきています。

これには、デジタル放送で圧縮された情報をそのまま送ることで、アナログ放送と同等のスピードで警報を流すための対策が取られているようです。

完璧に思われるかも知れないテレビからの情報も、技術的な問題、または人が受け取る情報の信頼性といった面ではまだまだの部分が多数あります。

しかし、もっとも身近な情報ツールとしての役割を十分に発揮することが出来るのも事実なのでしょう。