ワンセグでもっとテレビを楽しむ方法と、機能の紹介。

ワンセグテレビの特徴

テレビの視聴方法にワンセグと呼ばれるものがあります。身近なところで、日本の携帯電話にこのワンセグテレビを見ることが出来る機能があります。実際にこの機能を使ってテレビを見ている人を街中で見たことがある人もいると思いますし、今もワンセグを実際に使ってテレビを視聴している人もいるでしょう。

ワンセグはデジタル放送が始まる2006年に登場した、移動しながらテレビを見ることが出来る機能であり、由来としては1セグメントという、周波数帯に割り当てられる領域のことを言います。

ワンセグの特徴としては、先ほども記述したように、移動しながらテレビ放送を見ることが出来るといったことです。そのため、移動時に手に持っていることが多いもの、携帯電話にこの機能が入れられたという経緯もあり、他にも車の中で見ることが出来るのでカーナビの機能にワンセグが入っていることもあります。また、少し珍しいものでは、国内フェリーなどの貨客船でワンセグ放送を使ってテレビを見るといったことも可能です。

メリットが多いワンセグですが、デメリットも存在しています。
もっともデメリットとして大きいのは、その画質です。先ほどもいったようにデジタル放送を見ることが出来るワンセグですが、そのセグメント領域は一般的な家庭で見られるテレビの4分の1しかないため、画質が悪くなってしまうといった欠点があり、また、電波状況に左右されることが多いことから、背の高いビルや山といったものが電波を阻害してしまい、一部の地域ではワンセグ受信が出来ないといった問題もあります。

デメリットもありますが、最近ではスマートフォンが普及したことで、ワンセグの上位互換でフルセグと呼ばれ放送も見ることが出来るようになったので、今後これらのデメリットが少しずつ解消されていくことでしょう。