テレパルFTVで知るBSとCSの楽しみ方

BSとCSの楽しみ方

地上デジタル放送が始まってから多くの情報をテレビを通して、高画質で見ることが出来るようになりました。そして、地上デジタル放送を見るために、テレビに地デジチューナーを取り付けた一方で、DVDデコーダーやBSやCSを見ることが出来るようにした人も多いと思います。

しかし、このBSとCSの違いについて深く知っている人は以外に少なく、チューナーが使えるか使えないかを判断するのも大変で、半ば営業にきた業者に任せてしまったという人も少なくないのではないでしょうか。

このテレパルでは、テレビをもっと楽しんでもらうために、これらBSとCSの簡単な説明をしたいと思います。

BSとは、衛星放送のことを言い。CSとは、通信衛星のことをいいます。
もっと砕いて話をすると、BSはWOWOW。CSはスカパーだと言ったほうが漠然と理解することが出来るのではないでしょうか。そして、BSの場合ではニュースやスポーツ、総合番組などの一般的に言う地上波と同じ番組構成でテレビを見ることが出来ます。
一方でCSは、総合番組はほとんどなく、専門チャンネルを多数持っており、映画やアニメ、スポーツといったジャンル毎にチャンネルが存在します。

コレを聞くとCSのほうがお得のような気がしますが、地上デジタル放送を受信するためには、アンテナからチューナーなどを全て地デジ対応の物へ変更する必要があります。

また、これらのBSやCCSといった放送方法のほかに、ケーブルテレビがあり、これは電波ではなく有線でデータ放送からテレビやネットといった機能を使うことが出来るものです。このケーブルテレビでは、CS放送で放送されている専門チャンネルも契約すれば見ることが可能です。